2018年3月19日月曜日

【解説】海外ドールのお迎え方法について 1/3 導入から購入手段まで

00.はじめに

 この記事は「海外ドールの購入(お迎え)方法」の解説のためのものです。
 「どう扱えばいいの?」「初めてのお迎え前に用意しておくものは?」といったことは取り扱わず、どういう手順で購入できるのかという点に重きを置いています。


01.そもそも海外ドールとは

 一口に「ドール」と言っても、とてもたくさんの種類やメーカーがあります。
 この記事で扱う「海外ドール」とは
 ・日本国外のメーカーおよび個人製の
 ・レジンキャスト(合成樹脂を鋳造して作った)製
 ・球体関節人形
 を指します。

 具体的にどんなメーカーがあるかは、海外製キャストドールwiki(http://wikiwiki.jp/bjddoll/)が非常に詳しくまとめています。
 また「スーパードルフィー(SD)」は日本のボークス社の製品ですので、この記事では扱いません。
 
 ドールを購入することをよく「お迎え」と表現しますのでタイトルにも使いましたが、書いてる私自身はわりとどっちでもいい派なので記事内では購入をメインに使用します。


02.実際の購入方法①日本の正規代理店

 お迎え方法として最も簡単なのが日本の正規代理店を通すことです。
 どの代理店も日本人向けにサイトを作っているため購入方法などがわかりやすいのはもちろん、実店舗がある代理店もあり、実物を見て購入することが可能です。

 ・英語がわからない、英語でやりとりしたくない
 ・クレジットカードを使いたくないorそもそも持っていない
 という方には、最もおすすめの方法です。


 以下にいくつか代理店を紹介します。

 DOLK(http://dolk.jp/)
 海外ドール全般専門代理店です。多くのメーカーの正規代理店であり、国内3ヶ所に実店舗もあります。
 またドールイベント(Dollism plus)の開催なども行っています。
 ドール本体の他、アウトフィット、ウィッグ、アイや小物類など幅広く取り扱っています。
 支払いもクレジット決済の他に銀行振込と代金引換が可能。

 Legenddoll(http://www.legenddoll.com/)
 中国ドールをメインに取り扱う代理店です。
 銀行振込とPaypalでの支払いが可能。

  SORA*IRO(http://www.sorairo-jp.com/)
 Blue Fairyをメインに取り扱うショップです。埼玉県に実店舗とフォトスタジオがあります。
 銀行振込、代金引換、Paypal、クレジットカード支払いが可能。

    risubaco (http://www.risubaco.net/)
   Nobility DollのSconやSOOMの動物ドールなど小さいサイズの動物ドールをメインに取り扱うショップです。
 千葉県に実店舗があります。
 銀行振込、クレジットカード、PayPal支払いが可能です。


 他にも正規代理店はありますが…
 「欲しい商品を扱う代理店を見つけたけど、正規かどうかわからない」という場合は特定商取引法表示を確認しましょう。
 ショップの所在地や電話番号、責任者の名前がちゃんと書いてあるか確認してください。
 都道府県のみ、名字やHNのみで「以下はメールでお知らせします」と書かれていたりした場合、事業としてではない個人が運営している可能性があります。


03.購入方法②メーカーの日本語公式サイト

 韓国のLUTS(http://www.lutsjapan.com/index.php)や中国のDoll Zone(https://dollzone.jp/)など、メーカーによっては日本語の公式サイトがある場合もあります。
 多くのサイトがショッピングカート方式で買い物でき、支払い方法も日本の銀行口座を持っていたりします。
 配送方法はほとんどの場合、海外にあるメーカーから送られてくるのでEMSです。ドール本体以外の小物のみの場合は国際小包などEMSより安価な方法が選択できるメーカーもあります。

 ショッピングカート方式であれば購入手順は多くの通販サイトとそう変わりません。
 
 会員登録する(サイトによっては必要ない場合もあります)
 ↓
 ログインして欲しい商品をカートに入れる
 ↓
 購入手続き・支払いをする

 あとは発送されるまで待つだけです。
 発送されるまでの期間はメーカーや注文した商品の種類、数にもよります。商品ページかFAQなどのページに書かれていますので、必ず確認しましょう。
 小物などの在庫品は3日~1週間程度、ドール本体などの受注生産品は1ヶ月~半年程度かかることが多いです。


04.購入方法③メーカーの英語公式サイト

 もちろん海外のメーカーですので、英語サイトのみの場合もあります。

 英語サイトでも多くのサイトはショッピングカート方式で買い物できますが、中にはメールオーダー方式の場合もあります。
 カート方式の場合は言語が英語になるだけで購入手順は日本語サイトとそう変わりません。

 メールオーダー方式の場合はメーカーによっては「必要事項を書いて送信してください」とフォームを用意しているところもあれば、単に「問い合わせを送ってください」と書いてあるだけのところもあります。

 支払い方法は「PayPal」「クレジット決済」「銀行振り込み」の3つをよく見かけます。
 PayPal支払いのみというメーカーも多いです。

 配送方法は多くの場合、EMSです。
 ごくたまに他の民間配送業者の場合もあります。


 よくある会員登録の手順

 「Register(登録)」「Create new account(新しいアカウントを作成)」「Join us(参加する)」「Sign up(加わる)」などの単語をクリック
 任意のIDやパスワード、名前や住所などの情報を入力します。入力はすべてローマ字で行います。


 よく使われる英語

 First name:名
 Last name:姓
 Zip code, Postal code:郵便番号
 Country:国
 State, Province:都道府県
 City:市町村
 Street address:番地
 Telephone, Phone number:電話番号


  英語で住所を書く場合

 基本的には逆の順序で書きます
 例えば「123-4567 東京都いろは区伊勢海老町はまぐり1-2 まぐろアパート201号室」をローマ字表記にすると、
 「#201, Maguro-Apartment,       ←Detail address
      Hamaguri 1-2,  Iseebi-cho      ←Street address
      Iroha-ku                            ←City
      Tokyo                                ←State
      123-4567                         ←Zip code
      Japan                                ←Country」

  「区」の「-ku」や「東京都」の「-to」は書いたり書かなかったり…明確なルールはありません。
  どっちやねんって思うかもしれませんが海外で仕分けされるときに一番重要なのは国名です。
  それ以降の住所は日本国内で配達されるときに必要なので、要は日本の配達員さんが分かれば配達されます。

  また基本的に電話番号は、最初に日本の国番号の81をつけ、最初の0を省いて書きます。
  090...という電話番号でしたら「+81-90...」という表記になります。
  +(プラス)というのは相手にこれが国番号だと認識してもらうためにつけます、なので入力に記号が使えない場合はつけなくても大丈夫です。


 よくあるメールオーダーの手順

 商品ページに購入ボタンが見当たらないときはサイト内に「How to order」「Buying guide」「Shopping guide」といった購入の仕方を説明するページがないか確認しましょう。そこにオーダーの手順が書いてある場合が多いです。
 フォームがある場合はそれに従って記入、ない場合は購入したい商品を伝えて購入できるか確認のメールを送ります。


2/3 支払い方法と配送方法
3/3 関税とトラブルについて

【解説】海外ドールのお迎え方法について 2/3 支払い方法と配送方法

1/3 導入から購入手段まで


05.支払い方法①日本の銀行口座へ振込

 ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行などの日本の銀行口座へ振り込む方法です。
 振り込み方法は既に分かってらっしゃる方も多いと思われますので、この記事では詳しく説明致しません。


06.支払い方法②海外の銀行口座へ振込

 相手が持つ海外の銀行口座へ振り込む方法です。英語では「Bank Transfer」と書かれていることが多いです。
 いくつか方法がありますので紹介致します。


 ・国際送金を取り扱っている郵便局の窓口から、またはゆうちょダイレクトから申し込む

  何らかの登録などが不要で、窓口に行ける時間さえあれば出来るのが前者のメリットです。
 「受取人の銀行コード、銀行名などの書類に書き込む事項」「身分証明書」「マイナンバーが確認できる書類」「相手に送る分+手数料分の現金」を持って窓口で申し込めばOKです。デメリットとして送金完了までにやや時間がかかります(4-5営業日程度)。
  ゆうちょダイレクトから申し込む場合は、そもそもゆうちょダイレクトの申し込みが必要です。ゆうちょダイレクトを利用していても、取引時確認とマイナンバーの登録が必要です。ですが、それらの登録さえ済んでいれば窓口へ行かずともネットから送金ができます。


 ・国際送金を取り扱っている銀行窓口から、またはその銀行のネットバンクから申し込む

  ほとんどの場合は上記と同じです。
  国際送金を取り扱っている銀行窓口に必要なものを持って行くか、その銀行のネットバンクから申し込みます。
  銀行によって手数料や条件などが異なるので事前に銀行のサイトで確認したほうがいいです。


 ・その他

  郵便局や銀行以外でも国際送金を取り扱っているサービスはあります。
  メリットは、窓口に行く必要がなくネット上やATMなどで送金完了できる・手数料が上2つに比べ安い・相手口座に入金されるまでの時間が短いなど。
  デメリットは、事前に郵送での本人確認が必要な場合がほとんどで実際に送金できるようになるまで時間がかかるなど。
  本人確認書類の提出→サイト上などで送金手続き→指定の口座へ振り込み、といった流れが多いかとは思いますが、なにぶん利用したことがないため、詳しい記述が出来ません。


07.支払い方法③クレジット決済&Paypal

  クレジット決済はクレジットカードを用いた支払い方法です。たいていは購入手続きの画面でクレジット決済を選べば、カード番号などを記入するフォームが出て来るので、そこに必要事項を記入して決済します(SSLによる暗号化通信かどうか確認したほうが安心です)。

  PayPal(ペイパル)支払いは、PayPalというオンライン決済サービスを使用した支払い方法です。
  PayPalのアカウントとクレジットカードさえあれば海外にいる相手に簡単に送金できます。
  逆に言えば「アカウント登録とクレジットカードが必要」なので、そこがネックになる方が多いのではないかなと思います。

  以下に簡単に登録方法や利用方法を説明していきます。

  日本版Paypalにアクセスします(https://www.paypal.com/jp/home)。



  「新規登録」をクリックしてアカウントを作っていきます。



  パーソナルアカウント(個人が支払いをメインに使う場合はこちら)かビジネスアカウント(ビジネスで受け取りが多い場合の利用はこちら)を選びます。
  ビジネスで使う場合でない限りパーソナルアカウントを選びます。

国籍・登録したいメールアドレス・任意のパスワードを入力します。

  これ以降は私が既にアカウントを持っているためサンプルの画像が出せなくて申し訳ないのですが、基本的に画面の指示に従って入力していけばOKです。
  名前や住所の登録は英語サイトで買い物する予定があるならローマ字表記で入力しましょう。
  (もし”たまにだけど受け取りの予定がある”という場合はプレミアアカウントにアップグレードしなきゃいけないので、そのときに登録名&住所を本人確認書類と一致させる必要があります…すぐにプレミアアカウントにしたいという場合は日本語表記で登録した方がいいのかも…?/ただよっぽどのことがない限り買い物に使うだけなら受け取りの予定はほぼないです)

  名前などの登録→クレジットカードの登録→アカウントページに進んでメールアドレスの認証でPayPalが利用できる状態になるはずです。

  PayPalの使い方
  サイトによりますがPayPalボタンを埋め込んでいるサイトが多いです。
  大体、購入手続きでPayPal支払いを選択して次ページに移ったあたりでPayPalボタンが表示されますので、クリックしログイン、使用するカードを選択し、支払い価格を確認、支払いボタンを押すという感じです。



  SOOMで買い物をしたときのPayPal画面です。この画面の次で最終確認画面が出ますので確認して「支払い」ボタンを押せば支払いが完了します。支払いが成功すれば登録したメールアドレスにPayPalからメールが送られて来ます。

  相手のPayPalに登録しているメールアドレスと金額を入力して支払う場合もあります。


  PayPalにログインしてアカウントページの上のボタンを押すと…


  こういう画面になります。ここに相手のメールアドレスを入力し次へ→支払う価格と通貨を選択します。


  相手がこちらのPayPal登録アドレスを知っている場合は請求書(invoice)が送られてくるパターンもあります。
  請求書メールが届いたらメール内のリンクではなく、必ずPayPalアカウントページから請求書を確認しましょう
  PayPalを装ったフィッシングメールが非常に多いためです。


  「クレジットカードを持っていない・持ちたくない・持てない」という場合。
  個人的には「デビットカード」をおすすめしています。銀行口座と紐付けられており、使用するとその場で口座から引き落とされます。

  いや、やっぱりカード類は持ちたくないって方は支払い方法①②が利用できるメーカー、または正規代理店からの購入をおすすめいたします。


08.配送方法①EMS

  EMSとはExpress Mail Serviceの略で日本語だと国際スピード郵便です。追跡可能で損害賠償制度があり、国際郵便の中で最優先して扱われるため速く届きます。
  多くの国の郵便事業で取り扱われており、30kgまで発送できるため、ドール本体の配送には多く使われています。

  追跡は日本郵便のEMS追跡ページ(http://www.post.japanpost.jp/int/ems/delivery/index.html)から可能です。
  また発送元の国の郵便事業サイトからも検索できます。


09.配送方法②EMS以外の国際郵便

  ウィッグなどのドール本体を含まない場合、メーカーによってはEMS以外の配送方法を選択できます。
  日本郵便のサービス名では「国際小包」「小形包装物」です。
  それぞれ航空便・SAL便・船便があります。
  一般的には航空便かSAL便(エコノミー航空便/航空便より安く遅く、船便より高く早い)です。
  国際小包であれば多くの国で追跡が可能です(小形包装物は追跡サービスなし)。


10.配送方法③その他

  めったにありませんが、極稀にFedexやDHLといった民間業者が使われることがあります(アメリカやロシアから購入した場合など)。
  個人的な印象としては「送料は非常に高いが、配達も非常に速い」といったところです。


3/3 関税とトラブルについて

【解説】海外ドールのお迎え方法について 3/3 関税とトラブルについて

1/3 導入と購入方法
2/3 支払い方法と配送方法


11.関税について

  海外通販・個人輸入で気になるのが関税についてではないかな、と思います。

  税関のサイトを見てみると分類など色々載っています。
  第20部第95類の分類例(http://www.customs.go.jp/tariff/kaisetu/data/95r.pdf)3ページ目に人形に関する記述があります。
  というわけで海外ドールは「玩具」ですね。たぶん。きっと。
  
  次にこのページを見てみましょう。(http://www.customs.go.jp/tetsuzuki/c-answer/imtsukan/1204_jr.htm)
  平成29(2017)年4月1日の時点で玩具(人形含む)は「無税」になっています。
  つまり現時点では海外ドールの個人輸入には関税はかからない、ということになります。
  ただし貼ったページにもあるようにあくまで「目安」です。
  海外ドールが玩具に当てはまらないと判断され関税がかかる場合もあります。通関作業を行う職員の方に裁量にもよるようです。

  また総額(国際送料含む)が20万円を超えるものは税関への申告が必要です。
  (http://www.customs.go.jp/tsukan/yubin/yubin210216.htm


  もし関税がかかる場合、実際にいくらくらいかかるのか計算してみましょう。

  大体の計算方法
  課税価格=(商品代金×軽減税率60%)+送料・手数料+保険料
  関税=課税価格(1000円未満は切り捨て)×簡易税率3%または一般税率3.9%
  消費税=(課税価格+関税・100円未満は切り捨て)×6.3%
  地方消費税=消費税・100円未満は切り捨て×17/63
  通関手数料=200円
  支払総額=関税+消費税+地方消費税+通関手数料

  具体例(60,000円のドール本体、送料4,500円)
  課税価格=(60,000円×60%)+4,500円=40,500円
  関税=40,000×簡易税率3%=1,200円
  消費税=(40,000+1,200)×6.3%=2,595円
  地方消費税=2,500×17/63=674円
  通関手数料=200円
  支払総額=1,200+2,595+674+200=4,669円

  ※急に「軽減税率」が出てきましたが、これは「個人輸入にかかる関税をちょっと安くしよう」みたいなあれです。

  いや、やっぱわからん!て場合は商品代金+送料の約8%を用意しておけば大体OKです。細かい計算が面倒だったら1割でOK。



12.トラブルがあったら、またトラブルに合わないために

  ・違法リキャスト品(違法コピー品・海賊版)に気をつける
  違法リキャスト品が多く出回り問題になっています。オークションやフリマアプリで「新品のキャストドール」を購入することは全くおすすめできません。

  気をつける点は…
  新品ならば、公式サイトよりも値段が安い・メーカー名が不明・実物の写真がないといった場合は避けた方がいいです。
  中古品ならば、メーカー名が不明・実物の写真がない・箱や証明書などの付属品がない場合は避けた方がいいです。

  また「海外製スーパードルフィー」は存在しません。スーパードルフィーは日本国内で製造されています。
  違法リキャスト業者がよく言う「ノーブランドのBJD」も存在しません。


  ・納期を過ぎたのに発送されない、ちゃんと連絡も取れないという場合
  支払いをPaypalで行っているならPaypalの「買い手保護制度」が使えます。
  ただし利用にはある程度条件があります(https://www.paypal.com/jp/webapps/mpp/personal/paypal-buyer-protection)。
  主に「支払い日より180日以内」「商品の全額を一括で支払っている(分割払い不可)」など。


  ・破損して届いた場合
  まず購入元に連絡しましょう。メールなど画像が添付できる場合は破損箇所がわかる写真を添付すると話がスムーズに進むと思います。以降は破損箇所や程度によって対応が変わってきます。
  例えば指先が折れた程度だったら新しいハンドパーツを送ってもらえたりします。メイク済みヘッドが汚損・破損していた場合は一度、ヘッドを送り返す必要があったりします。


13.最後に

  
  記事「海外ドールのお迎え方法について」はミヤモトが趣味で書いたものです。
  もっと詳しくとか、この辺がわからない!てところありましたらお知らせください。順次、追記していきます。
  誤字、誤情報などありましたらソッと教えてくださると嬉しいです。
  その他、海外ドールのお迎えでわからないことがありましたら、お気軽にお声がけください(代理購入のご依頼はお受けできません)。


2018年3月20日 公開

2018年3月11日日曜日

【Webshop】Doll Chateau 1/4サイズ向けニット

受注終了しました
【進捗】3/7 ミシン作業まで済み
3/10 包装まで済み、3/12に発送予定





こんにちは、ミヤモトです。

Doll Chateau kidサイズ四足向け縦セタ(タートルリブニット)ショップのお知らせです。
需要が謎すぎるので受注にします。

そういえばずっと書く機会を失っておりましたが私個人のディーラー名は「Midnight/Gluttony」と言います。たまに自分でもスペルを忘れます。

◆タートルリブニット
薄手の綿リブニット(ホワイト)を使用
ニット生地用のレジロン糸を使用して縫っていますがロックミシンではなく家庭用ミシンでの縫製ですので、伸ばしすぎると多分糸が切れます
前後ろがあります、裏にリボンが縫い付けてあるほうが後ろです
※ヘッドを外して被せて着せます

☆受注数
最大10着

☆価格
1着2,000円

☆サイズ・互換性
Doll Chateau社k-body-14から型紙を作っています
同社k-body-16でも問題なく着用できます
同社k-body-04(Albertaのデフォボディ)でも着用はできます。ただ胸~胴にぱつぱつ感があります

以下、未所持で数値からの判断
k-body-15(Alanデフォボディ)→04と数値が近く、04よりも胸と肩幅は小さいので着用はできそうです、胸周りが多少パツパツしそう
k-body-13(胴が骨のボディ)→胸下~腰までの作りが違うだけのようなので問題なく着用できそうです
k-body-11→数値が近いので着用できそう

☆ショップの流れ
時間になりましたら、TwitterのDM(開放済み)にて
・購入希望である旨
・購入数
をご連絡ください

私から必要事項と振り込み先についてDM致します

ゆうちょまたはUFJ口座へお振り込みください、振り込み期限は3/9(金)です

お振り込み確認後、製作に入ります

完成次第、発送手続きと発送の連絡を致します
発送はレターパックライトです

☆日時
3/3 (土) 22:00-

☆納期
2週間程度
ないと思いますが10着分注文が来た場合は多少遅れる可能性があります

☆その他
家庭用ミシンで縫製
端処理はジグザグ縫いです

敷地内にて犬を飼育しています、自室へ入れることはめったにありません

☆簡単な着せ方説明
ご購入してくださった方には図入りの着せ方説明書を同封する予定ですが、こちらでも簡単に説明します
1.ドールのヘッドを外す
2.パーツおよび服の破損防止のため指パーツをラップや程よい大きさに切ったビニール・ポリ袋などで包む
3.バンザイさせる
4.Sカンなどにも気をつけつつ着せる

☆返品・返金について
特殊サイズ向けなため「ミヤモトが互換の確認ができていない類似サイズボディ(上記のk-body-15など)のために購入したが入らなかった」という場合のみ返品を受け付けます
DMにてご連絡ください

▼k-body-16着用例


▼k-body-14着用例

▼Alberta body着用例




2017年11月20日月曜日

【Webshop】MSDサイズ「星降る夜の天文学」4点セット

MSDサイズ「星降る夜の天文学」
JSK、ブラウス、アンダースカート、ヘッドドレスの4点セット





以前TFサイズで作った「初夏のピクニック」を元にJSKとブラウスのデザインをちょっと変えて、金糸で刺繍したらなんとなくクリスマスでもいけそうな感じになったセット

◆ジャンパースカート
グリーンのダンガリーと花柄のコットンをメインに使用
身頃部分のみ裏地付き
スカート部分はボックスプリーツ、内側の生地に花柄のものを使用しています
肩のリボンは端にほつれ止め液を塗って、細かい縫い目で縫い留めしてあります
身頃、ベルト、スカート部分にゴールドの糸で刺繍をしてあります
手刺繍のため不揃いな箇所がございます、どうぞご了承ください
後ろはスナップボタン、全開が可能なのでスカート部分を留めずに前に持ってくる感じで着せることもできます
お洗濯は可能ですが、プリーツが取れる可能性があります、取れた場合はいい感じに折ってアイロンしてください

◆ブラウス
ホワイトベージュの麻スラブボイルとレース生地をメインに使用
身頃部分のみ裏地付き
向かって右端のピンタックがややヨレてます
後ろはスナップボタン

◆アンダースカート
ホワイトベージュの麻スラブボイルとホワイトのソフトチュールをメインに使用
柔らかいチュールですのでそこまで広がりません
ウエストゴム仕様

◆ヘッドドレス
レースを複数使用
リボンの端はほつれ止め液を塗ってあります
ヴェールのようなイメージでしたが、ネイティブアメリカンが被ってるあれになりました




☆頒布数
1セット

☆予定価格
10,000円(送料込み)

☆サイズ・互換性
ボークス社MSD少女ボディから型紙を取っています
写真で着ているのはPeak's Woodsの1/4ラインです、特に問題なく着用可能

☆ショップの流れ
購入されますと自動の注文メールが届きます
それで注文確定です、海外発送の場合などを除き私から別途メールを差し上げることはありません
ご購入から7営業日(銀行の営業日です、土日祝日を除いた平日)以内にお振込をお願い致します

☆ショップ日時
2017/11/22(水) 22:00-

☆連絡事項

在庫があるものもカートに入れておきます

洋裁を本格的に学んだことのない素人による独学での製作です

縫製には家庭用ミシンを使用しております
端処理はジグザグミシン、手縫い、ほつれ止め液です

喫煙者はおりません
敷地内で犬を飼育しております、自室に入れることはほぼありませんがアレルギーの方などはご注意ください

その他、ご質問などございましたらTwitter・ブログコメント・メールなどからお気軽にどうぞ

Shop

2017年10月22日日曜日

【撮影会】撮影会@北名古屋



【イベント名】撮影会@北名古屋市
【開催日】2016/05/29
【場所】愛知(フォトスタジオレイ)
【コメント】私が主催した撮影会です
自分主催なので、マイナーなメーカーとか気にせず自由に連れてったれ!と思って、マイナーどころ連れていきました(笑)


【撮影会】撮影会@名古屋



【イベント名】撮影会@名古屋
【開催日】2016/04/05
【場所】愛知(ワンスタジオ)
【コメント】アイドール名古屋で知り合った方と「名古屋で撮影会できたらいいですね」と話していたのが実現しました